HOME > 研修・セミナー案内 > 【満席につき、募集を締め切りました】 第234回FASID BBLセミナー「ODA評価の新たな時代~DAC評価項目のSDGsへの適合の議論とその背景~」(2019年4月19日(金)実施予定)

印刷する【満席につき、募集を締め切りました】 第234回FASID BBLセミナー「ODA評価の新たな時代~DAC評価項目のSDGsへの適合の議論とその背景~」(2019年4月19日(金)実施予定)

経済協力開発機構/開発援助委員会(OECD-DAC)の「評価5項目(妥当性・有効性・インパクト・効率性・持続性)は、長年ODA評価の基準となってきましたが、最近では、DAC開発評価ネットワーク(EvalNet)を中心に、DAC評価5項目を巡って国際的な議論が進められています。この背景には、2015年9月に国連サミットで「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択され、「持続可能な開発目標(SDGs)」が掲げられたことにより、MDGsよりはるかに複雑なSDGsをいかに評価していくか、国際社会から高い関心が示されているという状況があります。
SDGsの時代において、ODA評価にはどのような変化が求められているのでしょうか。
 
今回のBBLセミナーでは、外務省ODA評価室から、EvalNetの副議長である村岡敬一氏をお招きし,DAC評価5項目を巡る議論の背景、SDGsへの適合に向けたEvalNetの取組と課題、今後の展望についてお話いただき、参加者との間で意見交換を行う予定です。
皆様のご参加をお待ちしております。



講師:村岡敬一(むらおか けいいち) 氏 
         外務省大臣官房ODA評価室 室長
         DAC開発評価ネットワーク 副議長
日時: 2019年4月19日 (金)  
          12時30分-14時 (開場12時)           
場所:   FASIDセミナールーム
言語:    日本語
参加費: 500円(賛助会員 無料)
定員:     40名(先着順・要申込み)  

*手話通訳の配置が可能です

満席につき、募集を締め切りました。
 
お問い合わせ先
一般財団法人国際開発機構(FASID) 国際開発研究センター 担当:日野/浜岡
〒106-0041港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル6階 最寄駅:地下鉄神谷町、赤羽橋
Tel: 03-6809-1997 Fax: 03-6809-1387 Email: bbls@fasid.or.jp
地図:  http://www.fasid.or.jp/about/8_index_detail.shtml